響木HIBIKI photography

  • 子供室&ロフト
    五感に響く木の家

第一建設本社Blog

第一建設沼津Blog

第一建設藤枝Blog

響木Duo Photography

  • Photo
    藤枝モデルハウス響木Duo(デュオ)

ISAI Photography

  • A4av1666
    沼津モデルハウスIsai(イサイ)

HABITA 第一建設実例 富士宮小泉 星ノ舎(ほしのやどり) 

  • Image39
     東西5間(約9m)、南北4間(約7m)、延面積35坪(115㎡)の住宅としてはもっとも標準的な切妻・大屋根形状の中に、デザイン空間を配置しました。東西の立面は正に「舎」の文字をそのまま象徴させています。しかも建物でもっとも大切である構造材を、活かし露わすことをデザインの要素としています。さらに全体空間の中に日本住宅の縁側の機能を、立体的に織り込んだ空間構成に挑戦しました。屋根に切り抜かれた窓により、外観には見えないバルコニーと1階土間、2階居室に外部環境を 取り込みます。まさに夜景では家の中全体に星を宿す家となります。

« 「★労いのお肉でパワー回復★」エースホーム通信No.1236【エースホーム富士店】 | メイン | 「★まるごとの後は・・・クロスが可愛いお家の見学会★」エースホーム通信No.1237【エースホーム富士店】 »

2017/04/18

日当たりを確保するための間取り【HIBIKI富士店】

こんにちは。

HIBIKI富士店の玉田です。

今日は1日いいお天気で暑いですね!

今週22日23日は富士市松本で

『住まいプラス 完成見学会』を行います。

Dsc01007_2


このお家の土地は、一般の道路から少し離れた位置にあります。

そのため日が当たらないといった難点がりますbearing

そこで1級建築士が考えた間取りはL字型の間取りで

前に立っている建物と距離を開けることにしましたsign03

そうすることで空間が空き、リビングにも日が入るようにかんがえましたnote

さらに少し離れているのでお庭はプライベートお庭で

人目があまり気になりませんgood

土地のマイナス部分は1級建築士によって

プラスに変わりますhappy01

ぜひ、ご相談ください!

4月22日23日富士市松本『住まいプラス見学会』のご予約・詳細はこちら

2017y03m19d_190424167

http://daiichikensetsu.co.jp/event/?p=10959

4月30日『親子で学ぶおこづかい教室』のご予約・詳細はこちら

2017y03m12d_193832223

http://daiichikensetsu.co.jp/event/?p=10959

玉田琴美

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/237119/34055888

日当たりを確保するための間取り【HIBIKI富士店】を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。