HABITA 第一建設実例 富士宮小泉 星ノ舎(ほしのやどり) 

  • Image39
     東西5間(約9m)、南北4間(約7m)、延面積35坪(115㎡)の住宅としてはもっとも標準的な切妻・大屋根形状の中に、デザイン空間を配置しました。東西の立面は正に「舎」の文字をそのまま象徴させています。しかも建物でもっとも大切である構造材を、活かし露わすことをデザインの要素としています。さらに全体空間の中に日本住宅の縁側の機能を、立体的に織り込んだ空間構成に挑戦しました。屋根に切り抜かれた窓により、外観には見えないバルコニーと1階土間、2階居室に外部環境を 取り込みます。まさに夜景では家の中全体に星を宿す家となります。

« 1/7 構造体に予算をかけませんか? | メイン | 1/9 お招き おもてなし »

2012年1月 8日 (日)

1/8 HABITAエントランスガーデン

200年住宅

Img_0180

とても明るいエントランスガーデンが出来ました。

アプローチの白いタイルは、光沢があり眩しかった。

ごつごつしてて、滑らないように考えられています。

Img_0170

200年住宅HABITAが、いっそう【引き立ちます】ね。

シンプルなデザインは、いつまでも飽きが来ない住まいになります。

Img_0191

私もこんな素晴らしい家に住んでみたい・・・・・

Img_0193

Img_3762

ビルトインガレージ付きSORAMADOは、雨の日でも車庫から

濡れることなく家に入る事が出来ます。

Img_3760

                     HABITA事業部   小森

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/237119/27739357

1/8 HABITAエントランスガーデンを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。