« 災害・防犯から家族を守る窓ガラスセキュリティフイルム【ライフガード】 | メイン | 遮熱高断熱型Low‐E複層ガラス »

地震の揺れを軽減する 制震システム『パワーガード』

Ws000009_2

制震工法と耐震工法を併せ持つ新時代の制震装置
 『制震の柔軟』さと『耐震の強さ』2つのメリットを持ち
 地震の揺れに耐え、振動をきっちり吸収します。

第一建設のすまいの約40%にパワーガード制震システムが採用されています。(2008年完成物件実績)

Ws000018

地震による建物変形をパワーガードは、粘り強く衝撃吸収能力を発揮します。
振動エネルギーを吸収することで建物の揺れを小さくし、倒壊を防ぎます。

Ws000020_3  Ws000019_4

建物変形※1/10radまで能力を発揮します。

  ※1/10radとは高さ3mの柱の上部が30cm動いた状態

Ws000012_3

耐震工法では建物の倒壊を防ぐことに注力し、強い揺れによる室内の安全は確保されていませんでした。

パワーガードで制震工法を付加することで、建物の建物自体の揺れを防ぐので、家具等の転倒を抑制し
揺れの心理的恐怖をやわらげます。

Ws000021  Ws000022

Ws000013_2

錆を防ぐ特種加工が施されているので施工後のメンテナンスは必要なく、半永久的に丈夫な住まいを持続します。

Ws000014_2

取り付け施工も簡単施工に設計。半日で地震に負けない住まいづくりを実現します。

Ws000015_2

柱や梁の接合部など、建物のゆがみが生じやすい場所に設置するので、

建物の構造デザイン等への影響を最小限に抑えます。

Ws000016_2

耐震と制震の2つの作用をもつパワーガードは、導入コストが坪一万円で実現(30坪=30万円)。

免震の約1/10のコストで済みます。

Ws000017_2

建築確認を受けた新築物件に対し、偏心率・耐力評価・接合方法等において、
より厳しい基準である『木造住宅の耐震診断とその補強方法』に基づいた専門の建築士(第3者)
が耐震構造を再チェックし公的機関の認定を受けたソフトで分析計算
効果的なパワーガードの配置計画をおこないます。

分析計算結果を数値に表した『耐震性能検討書』証明を交付します。

Ws000023

●第一建設オリジナルの住まい D'shome標準仕様  (オーダー採用)
●HABITA (オーダー採用)
●エースホーム(オーダー採用)