« 遮熱高断熱型Low‐E複層ガラス | メイン

地震の揺れを軽減 新制振システム KブレースSiB

 


YouTube: KブレースSiB 新耐震&制震システム

K・ブレース』という耐震・制振デバイスは、その名のとおり英語のKの形をしており、2004年より国立大学法人 東京工業大学 建築物理研究センター  笠井和彦教授のグループにより研究されてきたものです。この研究テーマに対しては国も補助金を出しており、デバイス単体の開発から実物大のモデル振動実験 まで幅広く行われ、その性能が検証されています。
東京工業大学との【産学連携】により、一般の木造住宅に広く対応できるように改良・強化された『K・ブレースSiB』が完成しました。
「SiB」とは「Super Improved Brace」の略であります。

Kブレースsib静止画05.jpg
地震のエネルギーをカチオン電着塗装の鋼材 ダンパーに吸収し揺れを軽減します。

さらに壁倍率3.9倍の壁剛性を併せ持つので、地震の揺れに耐える「剛性」と
揺れを吸収する「柔軟性」の相反する2つの特性を両立させているのが特徴です。

これにより、建物の変形を最小限に防ぎ、内外装の損傷を防ぎます。

壁が取りにくい大開口リビングや吹き抜けのある設計プランにおすすめの最新制振システムです。

1.壁倍率4倍相当の保有耐力

最大耐力29kNを有し、建物の変形を最小限に抑え、内外装の痛みを防ぎます。壁の強さ(耐震性)を測る実験(内面せん断試験)においては、国の定める4 つの計測データの内もっとも小さな数値を採用することなっておりますので、Pu*(0.2/Ds)=8kNという数値は、壁倍率4倍に相当します。

2.転倒を抑止する強力な制振効果

部品はすべてJIS規格の鋼材を使用。大地震の際には、特殊は形状に加工されたH形鋼(ブレース支持部分)が変形して地震のエネルギーを吸収し、軸組みを 守ります。家全体(特に2階から上)の揺れを抑えますので、人や家具の転倒防止に効果的で、さらに地震時の恐怖感を和らげる効果も期待できます。

3.メンテナンスフリーの安心

自動車などに使用される「カチオン電着塗装」を採用しておりますので、高い防錆効果を維持します。

4.坪約2万円~のコストで効く制振

国立大学法人 東京工業大学 建築物理研究センター 笠井和彦教授のグループとの共同開発で商品化に成功しました。数々の実大実験で検証された最新の制振技術がリーズナブルな価格で導入可能です。

5.安心の証明「耐震性能検討書」を交付

建築確認を受けた物件に対し、偏心率・耐力評価・接合方法等において、より厳しい基準である「木造住宅の耐震診断と補強方法」に基づいて専門の建築士(第 三者)が耐震構造を再度チェックし、効果的な『K・ブレースSiB』の配置計画を行います。公的機関の認証を受けた分析ソフトで【全棟配置計画】している のは、『K・ブレースSiB』と『パワーガード』のみです。

コメント

コメントを投稿